典型的なスイスのガソリン車乗り入れ禁止地区であり、伝統的な山村であるミューレンは、海抜1650メートルでラウターブルンネン谷の上に位置しています。この村には多くのサンテラスが装備されており、アイガー、メンヒ、ユングフラウ連山への印象深いパノラマがゆったりとお楽しみいただけます。
ギメルヴァルトは、ステッヒェルベルグとミューレンの中間ほどの位置にあり、海抜1394 mです。シルトホルンへの訪問の際、回転レストラン「ピッツ・グロリア」から360度の景観を楽しむことをお勧めします。
ギメルヴァルトの住人106名とミューレンの住人410名は、自治体ラウターブルネンに属します。
ミューレンやギメルヴァルトにはスイスの道路網が整備されておらず、またガソリン車乗り入れ禁止地区なので、ミューレン鉄道(ラウターブルンネン発、ミューレン着)およびケーブルカー(シュテッヘルベルク発、ギメルヴァルトおよびミューレン着)のみを利用して村にアクセスします。
アルペンスキーの父と呼ばれる英国人アーノルド ランは1908年、ここミューレンに「アルペンスキー クラブ」を設立しました。1912年のアルメンドフーベル鉄道の開設と共に、ベルナーオーバーランドには初めてのスポーツ登山電車ができました。70年以上にわたり、ミューレンでは国際インフェルノ・レースが開催されています(1928年に初めて開催、スタート地点:シルトホルン 2790 m、ゴール地点:ラウターブルンネン 800 m、高低差:1990 m、コース長さ:14.9 km).