ガソリン車乗り入れ禁止でベルナーオーバーランド地方に位置し、1094名が居住するヴェンゲンはスイスの自治体ラウターブルンネンに属します。この地区は自治体で最大の人口を有します。海抜は1274 m でアイガー、メンヒ、ユングフラウ連山の麓にあり、ラウターブルンネンから400 m 高いところに位置しています。

ガソリン車乗り入れ禁止地区でユングフラウの麓にあるヴェンゲンは、日当たりの良いテラスに位置しており、山々の素晴らしい景色を眺めることができます。人気のある日帰り旅行としては、ヨーロッパ最大のユングフラウヨッホへの登山電車が挙げられます。1月のラウベルホーン・レース、および9月初旬に開催されるユングフラウ・マラソンは、ヴェンゲンにおいて数ある催しの中の主要な2大イベントです。

ラウベルホーン・レースは、エルンスト・ゲルチュとスイスのスキークラブアカデミーの共同創設者による覚書の調印により、1929年11月28日に設立されました。このレースにより、アルペンスキーにおける新しい時代の幕が開かれました。ラウベルホーンの下り坂は4.5キロメートルで、スキーのワールドカップでは最も長いものとなります。トップアスリートは、今日において平均タイム2分30秒を必要とし、速度は最高時速160キロに達します.